tv

『半沢直樹2』動画最終回!第10話(ドラマ)pandora /9tsu/Dailymotion/miomio/サイト/見逃し配信再放送9月27日視聴

『半沢直樹2』動画最終回!第10話(ドラマ)pandora /9tsu/Dailymotion/miomio/サイト/見逃し配信再放送9月27日視聴

2020年9月27日21時から『日曜劇場「半沢直樹」最終回1000倍返しなるか!そしてまさかの辞表!?最終決戦』が放送されます

見逃した方放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると地上波放送分まで初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(地上波の放送分までフルヴァ―ジョン(解禁)で全話無料視聴できます)

↓ ↓

(半沢直樹2 /動画/フル配信無料視聴

半沢直樹2 最終回動画/10話)動画番組内容

中野渡(北大路欣也)から裏切られ失意の半沢(堺雅人)だったが、仲間たちからの恩返しを受け再び戦うことを決意。運命の最終決戦、待っているのはー倍返しか?辞表か?

番組内容
箕部(柄本明)の不正の決定的証拠が、大和田(香川照之)と中野渡(北大路欣也)に握りつぶされてしまう。怒りに燃える半沢(堺雅人)は3人に1000倍返しを誓うも、最も信頼していた頭取にまで裏切られたことで茫然自失に。そんな半沢に手を差し伸べたのはかつての仲間・森山(賀来賢人)たちだった。再び戦うことを決意した半沢はついに紀本(段田安則)の居場所を突き止めある事実に行き着くが…タイムリミットが迫っていた

 

半沢直樹 特別キャスト

 

堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、賀来賢人、筒井道隆、江口のりこ、西田尚美、石黒賢、入江甚儀、丸一太、山田純大、山本亨、粟島瑞丸、持田将史、児嶋一哉、浅野和之、夏目三久、井川遥、尾上松也、木場勝己、段田安則、柄本明、北大路欣也(特別出演)、香川照之など

 

半沢直樹2最終回動画第10話解説内容

9月27日に放送されます半沢直樹2最終回の気になるところをお話したいと思います。前回の放送で3人まとめて1000倍返しすると半沢直樹が言っていました。遂に中野渡頭取も半沢直樹に対して帝国航空の担当を外すと言い出しました。半沢直樹はバンカーとして常に正しい道を歩んでいます。その中で、最後の策はどういうものなのか?そして記者会見でどういうお話をするのかとても気になるところであります。このシリーズのラスボスは箕部幹事長ですが、乃原弁護士も十分なボス役です。ですが、乃原さんの目的には単に銀行と政治を荒らしたいだけであって、本当の目的は何なのかよくわからないところがあります。ただそれさえ一蹴する半沢直樹がいますので、どういう倍返しをしてくれるのか本当に楽しみであります。ただ最後辞表を中野渡に出しているようなので、その前に何があったのかすごい気になるところであります。とにかく最終回になってしまうので、どういう結末になってしまうのか、ワクワクしております。半沢直樹ですから、倍返しして終了するのはわかるのですが、それぞれがどういう処分を受けるのかも気になりますし中野渡が辞表を出すのかも気になります。そして大和田はどうなるのかも楽しみです。———-頭取が元他銀行の切れ者を使って探り当てようとした行動はいったい何だったのか、銀行の最後の砦で、どんなことも公正にジャッジを下しそうな頭取が最後の最後に一番してほしくない裏切りが、頭取ってどうにかして引きずりおろす方法がないのか、過去にかつての誰かと何かあったのだけはわかったけど、銀行の存在意義をなくすような悪魔の判断をしてしまった頭取になにかやり返す策があるのでしょうか。これまで、大和田、黒崎に攻撃されても逆転劇を演じてきた半沢も、銀行に勤めているものとしての信念の根幹が崩れた今、どんな風に銀行員としてふるまうのか、失意の中、半沢に手を貸してくれたのは、かつての仲間である森山たちがとうじょう、とい子とはインターネット関連の何かが動き出すってことなんでしょうか、株取引、顧客ファイル、銀行員たちのサーバーの中でのやり取りなど、データで保管されている情報を活用するのでしょうか。これまで、西荻窪支店の30こもの段ボールが不正を暴くのに重要だったようにかなりアナログな難所がいくつもありました。これからデジタルでどんな1000倍返しの秘策を生み出すことが出来るのでしょうか。これで最後、少し寂しい気もします。

半沢直樹2最終回動画第10話ネタバレ、視聴率、感想

—–たとえシーズン3が放送されても黒崎は見れないのかと思った矢先に最終回直前登場してくれました。実は、これまで過去二回分を見逃して、銀行と政府の戦いについてよくわからないところだらけで、いつの間にか新キャラが増えてるなんて驚いていたぐらいなんですが、クライマックスに進むにつれて、これまでの癖のあるキャラクターたちの総集編といえるぐらいに盛り込まれたセリフがたくさんありました。これから、黒崎や、東京第一銀行の不正を探っていたメンバーが集めた証拠がまだ役に立つかもしれない、きっと頭取に紀本は見捨てられるのではないかと予想しています。銀行の大逆転を狙うイッテがまさかの政府側に渡ったときの半沢の1000倍返し、これまでの倍返しや恩返しに続く新しい名言の指す一手はどんな逆転劇を指しているのでしょうか。頭取、政治家、大和田全員を敵に回すとは、大和田とはもうタッグを組まないのでしょうか、そして予告編で半沢が、事例を出そうとする頭取に向かって退職願を提出、続編の半沢直樹小説は出ているのにどういうこと、これは覚悟の示し方として退職願が出たのか、半沢が転職して最終回を迎えるのか、出向という線は薄いのではないかと思います。

半沢直樹2最終回動画第10話あらすじ

これまで幾多の困難を乗り越えてきた半沢が茫然自失になるほど今回の頭取の裏切りは衝撃的なものでした。この銀行に良心のある人物はいないのかと銀行の未来に失望したというところでしょうか。ですが、敵が強ければ強いほど燃えるのが半沢直樹だと信じているので、最後には正義が勝つというスカッとした展開を期待しています。最近のドラマは良くも悪くももやっとした終わり方であったり、視聴者の想像に結末を委ねるといった手法も多くみられるのですが、半沢直樹の勧善懲悪の展開が視聴者を惹きつけていると思いますし、そのようなドラマを日曜日の9時に放送することで、日本の働く人へ勇気を与えていると思うので、最後まで半沢直樹の信念を貫いて、視聴者が納得いく終わり方を見せてほしいです。前作では1部と2部の出演者がはっきり分かれていたように感じますが、今回は1部で出演した森山や瀬名社長も半沢に協力するあたりが人と人との繋がりの大切さも感じますし、半沢が仕事が出来るだけでなく魅力的な人であるということを感じさせます。癖の強い登場人物が多い中で、そうした人情味あふれるシーンでいい緩急があるドラマなので、最後は半沢だけでなく半沢連合軍で上層部に立ち向かってほしいです。

まとめ

予告編による「退職届」のシーンがありました。頭取より、「出向を命ずる」とのシーンもありました。もう、頭の中がぐちゃぐちゃです。あーで、こーでと勝ってな妄想が膨らませてしまっております。最終回は凄まじい人間模様が展開されます。悪者政治家がかつのか、または半沢直樹が渾身の一撃をだすのか。本当に奇想天外すぎて、凄すぎます。最終回、勿論たのしみですが、半沢直樹に花道を与えて欲しいです。「とりあえずは3人まとめて1000倍返し」と頭取を含めて言った気持ちに感動しました。相手が相手だけに、どんな手段をこうじるのか、または惨敗して、退職させられてしまうのか、はたまた出向なのか、いずれにせよ半沢直樹は失脚してしまうのか。ドラマとはいえども半沢直樹の最期にきたいするしかありません。また、微妙な三人の構図。箕部、頭取、大和田はよいとして、頭取が悪人でないことを願うばかりです。最終回まで非常にやきもきです。本ドラマ、われわれおじさんが、みても今の世の中と重複しているシーンが多々ありすぎて。会社でも、政界でも。「悪人は征伐される、正しい人は救われる」。綺麗ことかもしれませんが、それが叶うよう、かなえていただくよう半沢直樹に期待するばかりです。

下記公式で

半沢直樹2最終回動画の最終話第10話ネット配信tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れないケースは

下記でスマホ(スマートフォン)、タブレット、遺法でなくサブスク契約もなく

下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

半沢直樹2 動画10話/最終回 (2020)放送が無料視聴